株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
2010 AUTOBACS SUPER GT Round8 Motegi GT 250km RACE
ツインリンクもてぎ / Course Length : 4.801379 km
2010/10/23(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Qualifying #2(Knockout) Weather : Fine | Course : Dry

For this final qualifies of the season, the knock out system was selected from the organizers.
My teammate Matsuda-san was in charge to drive the first and third session, I was in charge of the second one.
At the end, everything went well and we could pass all the sessions getting a promising 4th position for the start of Sunday race.
omising 4th position for the start of Sunday race.
Personally, I was very satisfied about the car performance during my driving in the knock out session 2; If I wasn’t struggled with the traffic I got in the last part of my attack lap, I believe it could have been the first or second position and that is one of reason.
I’m very optimistic for tomorrow race.

最終戦の予選方式は、ノックアウト方式が選択された。
チームメイト松田さんは第1と第3セッション担当、僕は第2セッション担当に決まった。
結果は上々、予選は全てクリアでき、日曜日の決勝は4番グリッドからのスタートとまずまずのグリッドを獲得できた。
僕個人としての気持ちは、予選第2セッションで走ったときの車のパフォーマンスは良くて満足できるものだったよ。ただアタック後半で前のマシーンとつまっていなかったら、7位ギリギリではなく、1位か2位で第2セッション通過できていたんじゃないかな。
だから結果4番手でも、明日の決勝には自信があるんだ。
今シーズン最終戦、明日の決勝レースが楽しみです!
2010/10/24(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 53 Laps / 254.473087 km

If we wanted to have some chances to win the championship, the only strategy was for us to push very hard from the beginning of the race and try to go in front of our main rivals cars #18 and #6.
My teammate Matsuda-san was in charge to start the race.
After the start, we immediately understood it was not going to be an easy race, after seeing our lack of straight speed comparing the other cars during the first few laps. Even in those conditions, Matsuda-san tried to do his best, but he couldn’t improve his 5th position, which was not enough for us to fight for the championship.
Considering with all these circumstances, we decided to have an early pit-in strategy, having a second long stint with hard tires.
If everything was working well with hard tires, we could have overtaken a few cars in the pit stop strategy considering all the other cars lap time on the laps before the pit stop was not very quick.
But, our strategy didn’t pay off already from the beginning; At first, after pitting out, I forgot how much I should be careful with hard tires on the out lap...In fact, on Turn 1, after I touched the brakes, it was like to be on the ice and I went straight, coursing out.
Fortunately, I was able to recover immediately without losing much time, but the tires grip was really poor; Also the temperature getting down didn’t help our hard tires choice and, at the end, we couldn’t finish better than 5th.
Also in the championship ranking, we finished 5th and it was a very regrettable result for us not to get at least the top 3 ranking position.
Anyway, this season for me was a very positive; It was a really great experience to work together with Mr. Hoshino (Team IMPUL owner), all the team IMPUL staffs, my teammate Matsuda-san, Sponsors, and all the people supporting us.
The last word is for all Nissan and personal fans who strongly supported us.
I’m sorry we couldn’t show a strong championship battle performance at Motegi, but I promise to all of you we will be back stronger next year and fight hard for the championship already from the beginning of the season.
Thank you very much for this season supports!

僕たちにとってチャンピオンのチャンスはわずか、けど望みはまだある。そのための作戦はこれだけだ。最初からプッシュできるだけプッシュして、ライバルチーム18号車と6号車の前でゴールするのみ。
決勝レースは、チームメイト松田さんからスタートだった。
スタート直後で僕たちは直ちに悟ったんだ・・明らかに他の車よりも直線スピードが遅いのを目の当たりにして、これは厳しいレースになるってね。そんな大変な状況でも松田さんは精一杯頑張ってくれたけれど、5番手よりも上位にあがることは結局一度もなく、チャンピオン獲得のチャンスは薄くなっていった。
厳しい状況に置かれた僕たちは、早めのピットイン→ハードタイヤで後半のスティントを長くする、という作戦に切り替えた。
早めのピットインとハードタイヤ作戦がうまくいっていれば、まずはピットインによっていくつかポジションをアップできていたと思う。松田さんがピットインする前の他チームのラップタイムは、そんなに速くなかったからね。
でも、僕らの作戦はすでに始めから前途多難だった。ハードタイヤを履いたアウトラップというものがどれだけ危ないものか、どれだけ注意しなくてはいけないかを十分理解しているのに・・僕はやってしまったんだ、第1コーナーでコースオフ。ブレーキを踏んだ瞬間、まるで氷の上を滑っているかのようだったよ。
幸運にも、タイムロスもそこまでなくコースに戻れたけれど、タイヤのグリップは全く良くならなかった。それに気温が下がり始めたこともハードタイヤ選択にはより厳しい要因となり、結果5位が精一杯だった。
シーズンランキングも5位、チャンピオン獲得は無理だったとしても、トップ3に入れなかったことは本当に悔しいです。
ただ僕の2010年シーズンは、いい意味で充実していました。Team IMPULのドライバーとして1年目、星野監督はじめ、全チームスタッフ、松田選手、スポンサー様、関係者の方々と一緒に働く事ができて、すごく貴重な1年でしたね。
最後に。1年間、たくさんの声援をおくってくれた日産ファン・インパルファン・僕のファンのみなさんにありがとう、と感謝の言葉を伝えたいです。
そして最終戦茂木で、いいバトルをお見せできなくて本当にごめんなさい。来シーズンはもっと強くなって、チャンピオンを獲れるように頑張ります!
1年間、応援ありがとうございました。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.