株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
2010 AUTOBACS SUPER GT Round6 39th International Pokka GT SUMMER SPECIAL
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
2010/08/21(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

This time, the qualifying system changed back again to the knockdown one and the job of both of us drivers was going to be a really important factor.
In the knockdown Session 1, my teammate Matsuda-san got 10th position giving the chance to me to drive in the Session 2.
Because I didn’t have the chance to train with any new sets of tires during the free practice, I was a little bit nervous and thought it was going to be really difficult to pass to Session 3; Even in difficult circumstances, I didn’t give up. I trusted myself with pushing very hard and at the end, I could get the 7th position, which was a really great result for us considering our heavy handy weight and that we could finish in front of our championship rivals.
For the Sunday race, because we changed the Engine before coming to Suzuka, we were penalized for the grid, so we didn’t drive in Session 3 in order to save the tires and we had to start from 11th position tomorrow.
Anyway, because of the long distance race, we were all really looking forward to the Sunday race with trying to get the points as much as possible and to finish in front of our championship rivals, this is the most important matter this time.

第6戦の予選システムはノックダウン方式に戻り、両ドライバーの役割がとても重要となる。
セッション1では、チームメイトの松田選手が10番手でセッション1を通過し、僕がセッション2を走るチャンスをつないでくれた。
フリー走行でニュータイヤを一度も試すことができなかった僕は、少し心配な気持ちで、セッション3に進むのは厳しいかもしれないと思っていたんだ。 けれど、ニュータイヤでの十分な走り込みができなかった難しい状況でも、僕は決して諦めなかったし、諦めたくなかった。自分を信じてプッシュしたよ。そして7番手でセッション2を見事通過した。重いウェイトハンデだったこと、そしてランキング争いをしているライバルチームより前のグリッドを獲得したことを考えると、僕らチームにとっては十分な結果だった。
鈴鹿戦の前にエンジン交換をしたことで、明日の決勝はグリッド降格のペナルティを受ける僕たちは、タイヤをセーブすることにしてセッション3を走ることはせず、11番グリッドから決勝をスタートすることとなった。
明日の決勝は700kmレースの長丁場。できるだけポイントを多く獲って、チャンピオン争いをしているライバルチームの前でゴールをすることが、今回の最も重要な目標なので、諦めずに頑張ります。
2010/08/22(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 121 Laps / 702.647 km

Everything was prepared in details for the final race of Sunday, and both drivers and team’s staffs were all very motivated and concentrated to do great job.
In the first stint, my teammate Matsuda-san really pushed hard jumping up to 9th position when he pit in for the route-in pit stop.
When I pit-out, also thanks to a great pit stop, I found myself in 7th position and had good feeling from the car and tires grip.
But unfortunately, during the second part of the out lap, the team told me via ratio that I had to do a drive-through penalty for a contact between Matsuda-san and another car in the first stint; I was really upset with listening to it because I believe we didn’t deserve to get that penalty, but the only thing I could do at that moment was to obey and pit for the drive through.
After I pit out again, I tried to push very hard trying to contract the gap comparing the cars in front of us as much as I could, also because the race still remained very long at that moment.
When I pit-in, the gap comparing the cars in front of us was quite reduced and thanks to another great pit work by our team’s staffs, Matsuda-san had the chance to fight again against to our championship rivals car.
When he pit in for the last pit stop, he was in 8th position and it gave me to motivate and to enjoy the driving with pushing very hard until the checker flag.
However, for us our car at Suzuka was still reserving another bad surprise, after the one of the opening race of the season; another mechanical trouble made us to retire on the second lap of my last stint. In fact, already when I pit out, the noise of the Engine was really down and the car stopped with heavy smoke.
That was really a shame for us, considering we definitely could have finished in front of our championship rivals and have got closed the gap to the top ranking cars.
Now, with just two races remaining, we can’t make any mistakes and must believe our car will be competitive at Fuji with trying to get the points as much as possible and getting closed the gap to the top ranking car.
We will do hard in order not to regret anything at the end of the season.

決勝に向けて、準備は整った。両ドライバー、そしてチームスタッフ全員が自分の仕事をやり遂げようとモチベーションを高めていた。
第1スティント、松田選手はプッシュし続け、ルーティンのピットストップ1回目の時には9番手までポジションをアップしていた。
そしてドライバー交代。松田選手の素晴らしい走りと、チームスタッフの完璧なピット作業のおかげで、僕がピットアウトしたときは7番手。車もタイヤのグリップもすごくいい感じだったんだ。
そんなとき、アウトラップの間にチームから無線が入った。ドライブスルーペナルティを受けたということだった。第1スティントでの松田選手と他車との接触へのペナルティとのこと。それを聞いて僕はすごく怒っていたよ。あの接触でペナルティというのは納得できなかったからね。そう言っても何をすることもできないし、あの時点では裁定に従いドライブスルーペナルティを消化するしかなかった。
こうとなっては、前との差を縮めるためにプッシュするしかないと思い、まだまだレースは始まったばかり!と自分に言い聞かせながら走っていたよ。
僕がピットインしたときには、前との差もだいぶ縮めることができていた。そしてチームスタッフたちの最高のピット作業のおかげで、第3スティント担当の松田選手は再び、チャンピオン争いをしているチームたちと戦うチャンスができた。
そして最後のピットイン、最後のスティント担当の僕へドライバー交代。そのときのポジションは8番手。チェッカーフラッグを受けるまで、猛プッシュで走るぞ?!と、僕は意気込んでいた。すると、開幕戦の鈴鹿の不運が再び僕たちチームを襲った。またもやメカニカルトラブルでのリタイヤ、第4スティントの2周目の出来事だった。事実、僕がピットアウトしたときには、すでにエンジン音がすごく低く変な音になっていて、車を止めたときには激しい白煙に包まれていたんだ。
本当に残念で悔しい結果に終わってしまったよ。だって、あのままいけば、ライバルチームより前でゴールできたはずだし、ランキングトップのチームとのポイント差も縮めることができたはずだからね。
シーズン終了後に悔いが残らないように、一生懸命走ります!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.