株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
2010 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUGO GT 300km RACE
スポーツランドSUGO / Course Length : 3.704256 km
2010/07/24(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

After the very refreshing 3weeks of Holiday in Italy, I was really motivated to do well at Sugo after the first victory of the season at Sepang.
For this Sugo race, my teammate Matsuda-san was in charged to qualify.
After the great pole position of Sepang, all of us looked forward to his great driving, despite of the heavy handy weights with the car.
As a result the qualifying, it was 6 grid. I believe it has enough possibility to have a good race on Sunday.
Our target will be to get the points as much as possible and try to finish in front of our rivals in the championship ranking.

イタリアでの3週間の休暇で体も心もリフレッシュできた僕は、今シーズン初優勝したセパンに続き、ここ菅生でも良い成績を出そうとやる気で現地に入った。
今回の菅生でも、セパン戦と同じくチームメイト松田選手が予選を担当。
ウェイトハンデで車は重いけれど、前戦で素晴らしいアタックでポールポジションを獲得した松田選手に対して、チーム全員が今回の彼の走りに大きな期待をふくらませていた。
予選結果は6番グリッド。決勝では表彰台を十分に狙えるポジションだ。
チームの目標は、できるだけ多くのポイントを獲得し、ポイントランキングで僕たちよりも上にいるライバルチームの前でゴールすること。
決勝では、全力で走るのみです!
2010/07/25(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 81 Laps / 300.044736 km

In the Sunday morning warm-up, I really felt our car working well with heavy fuel condition, and it really gave me a lot of confidences for the race.
As same as Sepang race, I was in charged to drive in the second stint with my teammate starting the race.
The first stint went well and Matsuda-san was in 3rd position in the middle part of his stint.
The most difficult thing for us during the race was to choose the right timing to pit in; Basically, our strategy was to pit in on lap 38, but around those laps, it started to rain a little bit and it was really difficult for us to decide the pit in timing.
Finally, Matsuda-san pit in lap 45, also because the tires were really finished and it was quite difficult for him to keep the car on the track.
When I pit-out, I was expecting to be closed to #18 car, but I found myself behind and quite far from them.
From that time, I concentrated so much to try to be in front of #6 car, but when they pit-out, they kept their position in front of us.
My pace during the race was not as good as I expected and I couldn’t get closed enough to #6 car for trying to overtake them.
It was very frustrating for me not to finish in front of them and not on the podium, but on the other hand, we could get 8 important points for our championship, jumping up to third position in the championship ranking.
At Suzuka, for the next race, we really have to do our best to get the points as much as possible and try to keep fighting for the championship until the final race.
I will try very hard at Suzuka with the strong supports of Nissan, IMPUL and personal fans.

決勝日の朝のウォームアップで、燃料が重くても車の調子は良いと感じた僕は、自信をもって決勝レースへの士気を高めていた。
セパン戦同様、松田選手が第1スティント担当、僕が第2スティントを担当。
松田選手のスティントは順調に進み、中盤では3番手まで順位をあげて走っていた。
レースのカギでもあり、最も難しいことがピットインのタイミングだった。
元々は38周目でピットインするという作戦だったけれど、ちょうどそのあたりで弱い雨が降りだしたのだ。そのことでピットインのタイミングをどうするか、僕たちは難しい決断を迫られた。
結局、松田選手は45周目にピットインした。雨の状態の判断だけではなく、タイヤの状態がもう耐えられなくなったんだ。タイヤはほぼ終わっていて、タイムもかなり落ち始めていたこともあったからね。
僕がピットアウトしたとき、18号車とかなり接近しているだろうと予想していたのが、なぜかかなり後ろに引き離されていることに気づいたんだ。
ドライブしている間もペースは予想より良くなく、前を走る6号車をオーバーテイクしたいと思っていても、抜かせるほど接近することができなかった。
ポイントランキングの上位チームである18号車と6号車の前でフィニッシュできなかったこと、そして表彰台に一歩届かなかったことにイライラしていた僕だけれど、それでも4位8ポイント獲得でき、ポイントランキング3位に浮上したことは前向きな結果だと思うことにした。
次戦の鈴鹿でも、なるべくたくさんのポイントを獲って、最終戦までチャンピオン争いできるように本当に頑張らなくてはいけないと思います。
日産ファン、IMPULファン、そして僕を応援してくれるファンの皆さんからの応援を背に、鈴鹿で精一杯頑張ります!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.