株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
2010 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA
セパンインターナショナルサーキット / Course Length : 5.542 km
2010/06/19(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

After the victory of last year here at Sepang circuit, also this season I was very motivated to do well on a racing track I like very much.
For today’s qualify, my teammate Matsuda-san was in charge to drive in the Super Lap; It was the first time for me this season to be chosen from our team as second driver, but considering with what we are both fast and it’s good to have a fair competition between us to keep ourself pushing very hard and motivated all the time, I was really looking forward to the great job of Matsuda-san.
At the end, we got pole position! Tsugio (Matsuda) drove a really perfect Super Lap and he put us in a perfect position to try to achieve on Sunday, the first victory of the season.

ここセパンサーキットでの昨年の優勝から1年、僕は再び得意なサーキットに戻ってきた。そして今シーズンもまた、ここで最高の結果を出したいという高いモチベーションで現地に入りました。
朝のフリー走行から予選と調子は順調で、スーパーラップに進出した。今回のスーパーラップはチームメイトの松田選手が担当した。今シーズン初めて、松田選手が第1ドライバー、僕が第2ドライバーに選ばれたわけだけど、両ドライバーとも同じくらいの速さをもっている事、そしてチームの中でも常に2人が競いながらお互いのポテンシャルを高めていける事で、より良い結果に結びつくと思うから、松田選手のアタックを見るのを僕はすごく楽しみながら見ていたよ。
そして、なんとポールポージション獲得!次生のスーパーラップでのアタックは完璧だったね。今シーズンの初優勝へ向けて、彼のおかげで最高のスタート地点につけました。
2010/06/20(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 54 Laps / 299.268 km

Here in Sepang, because of the very hot temperature daytime, the start of the race is always a little bit late, at 4 o’clock p.m.; Thanks to that, also the morning warm-up is not so early time as it usually is in Japan and it permits us drivers to have a very relaxed Saturday night and a slow pace Sunday morning.
Everything was perfect then for the Sunday’s final race considering also the car balance with heavy fuel seemed to be good during the morning warm-up.
Today, Tsugio drove the first stint of the race and I was in charge to drive the second one; Considering the gap with the cars behind us was really small, our pit work procedure and my out lap performance were going to be really an important factors of today.
Honestly, knowing that, I was a little bit nervous and I tried to concentrate so much with trying to do my best, without doing any mistakes.
In this delicate part of the race, more than my expectation, everything went well, but the hardest time of race for me had began with the battle for the victory with the #100 car beginning some overtakes. Then on the second corner, the impossible overtake attacked me from behind. He jumped my rear and I spun. It cost me 2 position down.
At that moment, I thought the possibility to win was gone, but on the other hand, knowing still many laps remained, I kept pushing very hard with trying to get the best possible position.
From then, because of some happenings, I found myself again in 1st position and my job was to end the race without any mistakes until the checker flag.
Actually, the last 10 laps made me feel very long because I was really worried about tires problems; In fact, during the first part of my stint, I had many front tires locks and because of that, I felt very big vibration during the last few laps.
Fortunately, nothing happened until and we won the race.
I really felt relieved that I could pay back to all of my team and teammate hard job with bring back the car in 1st position.
Now, also in the championship ranking, we made a big step forward.
Now we look at the second part of the season very positively and keep working very hard with the strong supports from all personal and Nissan fans.

ここセパンは、日中気温がものすごく高くなるので、レースはいつも午後4時スタートと少し遅めになる。そのおかげで、朝のウォームアップ走行も日本のように早くなく、土曜日の夜や日曜日の朝はドライバーにとってリラックスできるから、僕はセパンが好きなんだ。
ウォームアップ走行でも、ガソリン搭載量が重いにも関わらず車のバランスはとても良く、ここまでは順調。
今回は松田選手が第1スティント、僕が第2スティントを担当。
ポールポジションスタートといっても、後ろとのギャップはほとんどない状態。そのため、ピットワーク作業とピットアウト後の僕のラップタイムが今日のカギとなると僕もチームも考えていた。
大変なレースになると分かっていたから、正直言うと少し緊張していたんだ。とりあえずミスなく、やれることを精一杯やることだけに集中していた。
決勝レースが始まり、僕の予想以上にレースは落ち着いて進んでいたけれど、とうとう僕にとって大変な時間がやってきてしまった。100号車とのトップ争いである。100号車が何度もオーバーテイクしようと試みてきたんだ。そして2コーナーで、100号車が僕の左後ろのタイヤにジャンプしてきて接触してしまい、僕はスピンして止まってしまった。これにより2つポジションを落としてしまう。
ぶつけられた瞬間は「優勝はこれでなくなった」と思ったけど、その一方ですぐに、「まだまだ周回数は残っているし、まだまだ順位を戻せる」とやる気が出てきたんだ。
それからは、色々なバトルやハプニングがあり、気づいたら1位のトップに戻っていた。ここからの僕の仕事は、ミスをせずチェッカーフラッグを受けることだった。
実をいうと、最後の10周は信じられないくらい長く感じたんだ。その理由は、タイヤに起こっている問題だった。実は始めのころ、フロントのタイヤがロックしてしまう問題が起きていて、そのことがあって最後の数周の間、タイヤからものすごい振動が伝わってきていた。幸運にも、無事レースを終えることができ、そして優勝することができた!
ずっと頑張ってくれたチームのみんなやポールを獲得してくれたチームメイトが待っていてくれた所に、1位で車と共に戻る事ができ安心しました。
この優勝でポイントランキングも上がり、シーズンも折り返し地点、たくさんの応援を力に変えてもっと頑張ります。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.