株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
2010 AUTOBACS SUPER GT Round3 FUJI GT 400 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
2010/05/01(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

During the Saturday morning free practice, we got a good lap time (3rd position) giving us a lot of confidences for the qualify.
The only point we doubted was the tires compound choice for the qualify and super lap; Unfortunately, the tires choice for the qualify was not correct and when I went out to attack, I felt lack of grip strongly and I couldn’t finish better than 9th position that was not enough to get the Super Lap.
I was really disappointed for that, considering I couldn’t expect it after the good result of the morning free practice.
Anyway, the race will be very long. Let’s try to forget today’s result and concentrate for tomorrow.

土曜日午前のフリー走行では、ラップタイムはいい感触(3番手)で、予選に向けて大きな自信となった。
ただ1つだけ確信がもてなかったのは、予選とスーパーラップでのタイヤコンパウンドの選択だけだった。そして残念ながら、僕らが選択したタイヤは合わず、僕が予選でアタックしたとき、グリップ不足を強く感じた。頑張ってはみたが結果は予選9番手、スーパーラップ進出できなかった。
朝のフリー走行の結果を見ても、まさかスーパーラップに進出できないとは思ってもみなかったから、本当に悔しい気持ちだった。
明日の決勝レースは400kmで長いし、何があるかわからない。
だから今日の悪かった予選は忘れて、明日に集中しよう。
2010/05/02(日)
Race Weather : Cloudy/Wet | Course : Dry
Distance 88 Laps / 401.544 km

When I arrived at the circuit early morning, I was really impressed about the huge numbers of fans were already there.
Considering that and also the many personal fans planning to come to support me, I was really motivated to do great for the race.
For the race, I was in charge to drive the first and third stint, and my teammate Matsuda-san drove for the second one.
Even it wasn’t good start when the signal turned to green, everything went OK and I drove a regular first stint gaining 1 position up before first pit-in and driver change.
Matsuda-san drove a very good second stint and he gave me the car in 6th position when he pit-in.
For the last stint, we tried a new challenge that is changing just the rear tires; By doing that, we could have a very quick pit-stop and out-lap. Now my job was to manage the tires and the under steering problems that might come by changing rear tires.
The car balance was better than what I expected and we finished in 6th position getting good data for the future and some good points for the championship.
The last words are to thanks all the Nissan and personal fans coming to Fuji Speedway to support us. We couldn’t finish on the podium this time, but we will try to do our best for the next Sepang race.

決勝日当日、朝早くサーキットに到着した僕は、たくさんの観客のみなさんがすでにサーキットにいるのを見て、すごく驚かされました。
こうやって大勢のお客様や僕を応援しに来てくれるファンのことを考えると、決勝でいい走りを見せなくちゃいけない、とますますやる気が出てきた。
2回のピット作業が義務づけられている今回のレースでは、僕が第1と第3スティント、チームメイトの松田さんが第2スティントを担当。
シグナルが青に変わり、アクセルを目一杯踏むが加速があまり伸びず、そこまでいいスタートができなかったけれど、第1スティントはまずまずで、最初のピットイン&ドライバー交代の前には1つポジションをあげることに成功した。
第2スティント担当の松田さんは素晴らしい走りをしてくれて、2回目のピットインのときには6番手で戻ってきてくれました。
そして最後のスティント、僕たちは賭けに出た。後輪の2輪のみのタイヤ交換だ。それによって、ピットストップは短く、アウトラップも速いタイムで走ることができた。僕の仕事は速く且つタイヤをいたわりながら走り、リアタイヤのみ交換で起こるアンダーステアの状態をコントロールすること。車のバランスは想像以上に良く、6位でレースを終えることができた。色々なデータもとれて、ポイントも獲得できたことは良かったと思います。
富士スピードウェイに来てくれた日産ファン、12号車や僕を応援してくれたファンの皆さん、たくさんの応援ありがとうございました。今回は表彰台にあがることができなかったけれど、次のセパンでは優勝目指して頑張ります

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.