株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
2010 AUTOBACS SUPER GT Round2 OKAYAMA GT 300km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km
2010/04/03(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Qualifying #2(knockout) Weather : Fine | Course : Dry

For the Saturday’s knock -down qualify, I was in charge to drive the Session 1 and 3, and my teammate Matsuda-san drove the session 2.
Comparing with the morning free practice, the car was improved a lot and I was well surprised after the good lap time I could get in the session 1. Actually, it wasn’t easy for the session 1 because of the Red Flag, and only 3minutes left and I was knocked out at that time. I had just 2laps including the warm-up, but I must pass this session whatever it was. Finally, I got good lap time and switched to Matsuda-san for session2.
For the session 3, we chose a little bit different tires we also have to use for the start of the race; With these tires, I had some difficulties for the warm-up. And just during the last attack lap, I could manage to time-up getting the 3rd position at the end.
I’m now looking forward to tomorrow’s race.

土曜日に行われたノックダウン方式の予選で、僕はセッション1と3、チームメイト松田選手がセッション2を担当した。
朝のフリー走行と比べると、マシーンは格段に良くなっていて、かなりいいタイムでセッション1を通過することができて驚いたよ。それに実を言うと、セッション1はマシーンの調子以外でもドキドキしたことがあったんだ。セッション1途中で赤旗が出てしまい、その時点で残り3分だったのに僕はノックアウトのポジション。ウォームアップを含め、走れるのは2周。でも何が何でもこのセッション通過しないといけなかったから、精一杯プッシュしたよ。無事セッション2に進み、松田選手にバトンタッチできた。
セッション3では、明日の決勝のスタートで使用する、前と少し違うタイプのタイヤを装着した。そのタイヤでのウォームアップは少し難しかったよ。明日の決勝の為にもタイヤをコントロールしながら、最後のアタックラップで予選3位を獲得。岡山のサーキットのレイアウトを考えても、悪くないグリッドだと思う。
2010/04/04(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 82 Laps / 303.646 km

For today’s race, I was really motivated to do well and felt we had the potential to get a good result after the positive qualify.
Also considering many personal fans coming to support me from Yamaguchi-ken in which I’d spent my first 5 years, I really wanted to do well with trying to get the podium, at least.
The 4th place we got at the end was really regrettable result for us, especially because we lost the podium by pit-stop strategy. Of course, our pace today was not for win, but I felt happy if we could’ve got a podium position.
On the other hand, we got the first points of the season and positively thinking, I believe these 8 points will be very important at the end of the season.
From now on, together with all the TEAM IMPUL’s staff, my teammate Matsuda-san, and the big support from NISMO, we will really work hard with trying to be ready in the best condition for the next Fuji race.

今日の決勝で、絶対にいいレース結果を出そうと僕はすごく気合いが入っていて、予選結果を見ても最高のポジションでレースを終える可能性があると感じていた。
来日してからの最初の5年間住んでいた山口県から応援しに来てくれた多くのファンのことを考えても、少なくとも表彰台にあがれるように一生懸命頑張りたかったからね。
レース結果は4位、僕らにとっては後悔の残る結果だった。特にピットストップの作戦で表彰台のチャンスを失ったわけだから。もちろん、僕らの今日の車のペースは優勝できる速さではなかったけれど、それでも表彰台にあがれたら今後のモチベーションアップにもつながったし、嬉しかっただろうな。
でもその一方、ようやく今シーズン初ポイントを獲得できたし、シーズン最後にはこの8ポイントが重要になってくると思うんだ。
今から、チームインパルのスタッフ達、チームメイト松田選手、そしてNISUMOからの大きなサポートと共に、次の富士でのレースに向けてベストコンディションで臨めるように頑張ります。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.