株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
2010 AUTOBACS SUPER GT Round1 SUZUKA GT 300km
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
2010/3/20(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Qualifying #2(knockout) Weather : Fine | Course : Dry

Finally the first race weekend of this season arrived.
We started free practice with a very positive 3rd position giving me a lot of confidences for the qualifies.
The new Nissan 3.4L engine seemed to work really well, thanks to the great job of Nismo staffs did recent weeks.
In the afternoon, I was in charge of driving Qualify1 and Qualify3 of knock-down qualifies, and my teammate Matsuda-san drove Qualify2.
Honestly, at least, I expected we would get first or second row on the grind after the result of the morning free practice seemed good.
However, even I felt everything was going OK with driving, the machine wasn’t good enough for the grid I expected.
Anyway, the 6th grid is still a positive result and I was looking forward for the first race with my new team CALSONIC IMPUL and new teammate Matsuda-san.

いよいよ2010年シーズンが開幕した。
朝のフリー走行では3番手と好調なスタートで、この結果は僕に予選に向けての自信をつけてくれた。
Nismoスタッフ達がここ数週間頑張ってくれたおかげで、今シーズンから投入された日産の新しい3.4Lエンジンもいい具合。
そして迎えた予選、今回はノックダウン方式。僕はQ1とQ3をドライブ、チームメイトの松田選手はQ2をドライブした。
朝のフリー走行の結果から見ても、僕としてはグリッド1列目か2列目は狙えると正直思っていたんだ。
予選アタック中ドライブしている間でも自信はあったし、車のバランスも良かったのに、終わってタイムを見てみると、残念ながら予想していた結果には届かないものだった。
とりあえず、6番手でもまだまだ十分に優勝を狙えるポジションだし、新しいチームと新しいチームメイト松田選手と臨む明日の決勝に向けて頑張ります。
2010/3/21(日)
Race Weather : Cloudy/Wet | Course : Dry
Distance 52 Laps / 301.964 km

For the warm-up of Sunday morning, the car and tires seemed to be really consistent and it gave us a lot of confidence for the race, so let’s go for it!!
The only thing that was not clear yet was the weather condition, it might be a rain condition.
In fact, it started raining little before starting the engine, and all team started the race with the slick tires in very difficult track condition with a light rain.
I was in charge of a first stint and tried to push hard at the green light, but at the same time, I had to be very careful not to make any mistakes anyone could easily because of the difficult track conditions with rain.
After the opening lap with 6th position, it was still wet a little bit on the track at the entry of Turn1 made some drivers including me to do a light over-run…as if it was a trap!
Even it cost me a few positions-down, what I should do was trying to push very hard and I felt the car was working better lap by lap, especially when the track was getting dry.
On Lap10, when I was trying to overtake a car in front of me, I suddenly had an unexpected mechanical problem and I had to stop the machine at the exit of Hair-Pin corner.
It was so bad and disappointed us...the race was still very long and even we couldn’t finish the race, at least we wanted to do data capture for the rest of the races of this season.
I’m very sorry to all my and Nissan fans who were looking forward to a good result in Suzuka.
I will try to do our best to show an interesting race with a good result in Okayama that is one of my favorite circuit and many fans will come to support me there.

日曜日の朝のフリー走行では車もタイヤも安定していて、僕は決勝に向けての自信がもっと増え、「さぁ!頑張るぞ!」という気持ちになった。
唯一はっきりしないことは天気だった。雨が降る可能性があるとのこと。
実際に、エンジンスタート前に小雨が降りだし、全車スリックタイヤ装着のまま、小雨という難しい路面状態で決勝スタート。
僕は第1スティント担当。シグナルが青になった瞬間、目一杯プッシュすると同時に、ミスをしないように気をつけなければいけなかった。降り出したばかりの雨に濡れた路面は、誰もが簡単にスリップしてしまいそうな状態だったからね。
オープニングラップは6番手のまま、そして1コーナー入口はウェット状態で、僕を含めた数台はコースオフしてしまった。あそこはまるで罠がかけられているようだったよ。
ポジションは落ちてしまったけれど、後悔しても仕方ない!挽回するために精一杯プッシュしていた。事実、ラップごとに車もよくなってきたのも感じれたし、特に路面が乾いてきた状態では悪くなかったんだ。
10周目、前の車を抜こうと思ったそのとき、突然マシーンから異様な振動を感じた。マシーントラブルだ・・僕はヘアピン出口でマシーンを止まらせざるを得なかった。
僕たちチームにとって本当に残念な結果となってしまった。レースはまだ長かったし、たとえレースを終えることができなかったとしても、残りのレースを考えるとデータ収集のためにも、できるだけ長くドライブしたかった。
いい結果を楽しみにしながら応援してくれていた日産ファン、僕のファンのみなさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
僕のお気に入りのサーキットでもある岡山では、たくさんのファンが来てくれると思うし、最高のレースをみなさんに見せれるように一生懸命頑張ります!もちろん最高の結果もね。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.