株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2010 AUTOBACS SUPER GT
JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2010
富士スピードウェイ/ Course Length : 4.563 Km
2010/11/12(金)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Qualifying #2 Weather : Fine | Course : Dry

I was really impressed today for the big improvement of our car at Fuji, considering the lack of pace we suffered this year during the Fuji Round 3.
At the end of the qualify, it was 3rd position, a very promising result for the Saturday race.
For tomorrow’s race, many factors will be important to succeed, starting from the new format standing start and the tires management, which is always an important factor with this low track temperature.
We will try to do our best!

パワー不足によりペースが遅くて苦しんだ今年5月の第3戦富士のときと比べると、今日までにだいぶ改善・改良できていることにすごく嬉しい気持ちになったよ。
予選を終えて僕が走る明日の第1レース決勝は3番グリッド、優勝を狙えるポジションからのスタート。
明日のレースはたくさんの要素がうまく重なり合って、初めて成功することになる。なぜなら、通常にローリングスタートではなくグリッドスタートとなるし、気温が低く路面温度も低い状態での22周のスプリントレースだからタイヤマネージメントもいつも以上に重要な要素になるはず。
第1レース担当の僕がいい結果を出して、チームにいい流れを作れるように頑張ります!!

※Qualifying #2は松田次生選手の出走
2010/11/13(土)
Race 1 Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 22 Laps / 100.386 km

The standing start was introduced in the Super GT race for this JAF Grand Prix event. Personally, I was really looking forward to it because I really liked it since the days I was driving with formula car.
In fact, the start of today’s race was really good for me, but unfortunately, also the two cars in front row had a good start and after the turn 1, I could just manage to keep my position.
During the first part of the race, the car was working well and already in the early stage of the race, my aim is trying to pass the car #35 struggling with the very early tires degradation.
The battle with car #35 really made me to lose a lot of time, and in those laps I was blocked by them, also my front tires got quite damaged.
To get an advantage from this situation was the car #17 that could overtake both of us, jumping up to second position.
On lap 9, my front tires grip came back again and I thought that was the chance to make a move trying to overtake; In the same lap of my front tires grip recovering, the car #35 left a space opened at the entry of second last corner and I thought that was chance to overtake, even a new I had to take some risks.
The overtake succeed and I could get back the third position, managing it until the end of the race, finishing on the podium.
It was a pity the much time I lost behind the car #35 in the early stage of the race, but I’m satisfied with finishing on the podium in the final race of this season considering a good step for the next season.
Anyway, the most positive thing of this JAF GP weekend was the improvement of our GT-R car here at Fuji, thanks to hard development job of Nisan people.
Big thanks to them and to all the fans who came to support us here at Fuji.
See you at the beginning of December at the Nismo Festival.

今回JAFグランプリでは、Super GTはグリッドスタートという特別ルール。
フォーミュラカーをドライブし始めて以来、グリッドスタートがとても好きな僕は、今回GTでグリッドスタートできるのが楽しみでワクワクしていた。
事実、今日のレースではいいスタートができたけれど、フロントローの2台もいいスタートだったから、1コーナーでは自分のポジションをキープするだけにとどまった。
レース序盤での車の調子はすごく良くて、早くもタイヤのグリップが落ちて苦しんでいる35号車をターゲットにプッシュし続ける僕。
35号車とのバトルに時間を費やしてしまった僕は、長くブロックされたこともあり、フロントタイヤがだいぶボロボロになってしまったんだ。
このシチュエーションを味方につけたのは17号車、タイヤのグリップが落ちている僕と35号車の両方をオーバーテイクして2位にアップした。
9周目、フロントタイヤのグリップが回復して、再度オーバーテイクを試みるチャンスだと思った。この周、2コーナー入り口で35号車がインを開けながら曲がったのを見て、多少リスクは負ってもここがオーバーテイクする時だと決心した。
オーバーテイクはうまくいき、3位に戻ることができた。レース終了までポジションをキープし、表彰台にあがることができた。
レース序盤に35号車の後ろで時間をロスしてしまったことが残念で悔やまれるけど、今シーズンを表彰台で締めくくる事ができて、来シーズンに向けて良い気持ちで臨めるって思っているよ。
今回のJAFグランプリで良かったことは、日産勢が不得意とする富士サーキットで他メーカーに負けないくらい、車の性能が向上し始めていることを確認できた点だと思うよ。たくさんの日産関係者の人たちが、日々改良してくれているおかげです。
すばらしい車を作ってくれている日産関係者のみなさん、そして寒い中富士に来てくれたファンのみなさんに感謝しています。
12月上旬のニスモフェスティバルでみんなに会えるのを楽しみにしてます!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.