株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2009 AUTOBACS SUPER GT
2009 AUTOBACS SUPER GT Round9 Motegi GT 250km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km
2009/11/7(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Qualifying #2(Knockout) Weather : Fine | Course : Dry

For this last race of the season in Motegi, the knock down qualify system was chosen, and considering I like it, I was really looking forward to a positive result.
In the Q1, I was in charge to drive thanks to some lucks, we could manage to clear it at the end for going to Q2; In fact, during my attack lap I had a really bad traffic, but fortunately, the lap time I got was enough to get the next session.
In the Q2, my team mate Yasuda-kun really did a super good job getting an inspirited 8th position giving us the opportunity to go to the Q3 and it gave me the chance to drive again.
For this Q3 session, I was really motivated to do well and once I got in the car, I tried to push as hard as possible, also considering how much important the starting grid was in Motegi.
At the result, we got 7th position that could have been even better even without a mistake on the attacked lap, if tires were working better.
I’m looking forward to tomorrow’s race and the big supports from our fans.

もてぎでの今シーズン最終戦は、予選システムがノックダウン方式が選択された。 僕自身ノックダウン方式は好きだし、いいグリッドが獲得できるんじゃないかとワクワクしていたんだ。
Q1は僕の担当。ラッキーなこともあってギリギリでQ1クリア、Q2に進むことができた。実際には、アタックラップ中にトラフィックに巻き込まれたが、幸運にもラップタイムはQ1通過にどうにか足りていた。
Q2はチームメイト安田くんの担当。彼のアタックはチームを元気づけてくれたよ。そして8位でQ3に進出し、僕が再度アタックするチャンスが来た。
Q3に向けて、僕はさらにやる気がアップしていた。車に乗った瞬間から、できる限りプッシュしようと頑張っていたんだ。もてぎではスターティンググリッドがどれだけ重要か痛いほどわかっていたから。
結果は7番グリッド。アタックラップではミスはなかったけれど、タイヤがもう少し良い状態だったら、グリッドももう少し良かったかもしれないね。
明日のレースはとても楽しみだよ。もちろんファンからの応援もね!
2009/11/8(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 53 Laps / 254.473087 km

This time, for the first time of the season, I wasn’t in charge to drive the first stint, but the one to drive the second stint.
In fact, my teams mate Yasuda-kun started the race, and as driver, sometime is good to swap the driving stint timing in order to get some new feeling which is also good to get some new information and data for the team.
But today, under expectation, the grip level we had in the car was really low and our pace was not competitive at all.
At the end, we got just 12th position without any points; One of the only positive thing was we could get many data that will be very useful for our tires development.
Because today was the final race of the season, many fans came to Motegi to support us.
I really want to thanks all of them for the great supports they’ve always given to us.
Hope to be back again next year in order to show a stronger performance and better driving.
Even we lost any more chances to fight for the championship of this season, we promise we will try to do our best in Motegi in order to finish the championship with as much points as possible.
Thank you, everyone and See you next year!!

今シーズン初めて、僕は第1スティントではなく、第2スティント担当になった。
予選で使用したタイヤの状態があまり良くなく、決勝での第1スティントはかなり短いと最初から予想していたからね。
安田くんが第1スティントをドライブしたんだけど、ドライバーとして、時々スティントを交代してみると、新しいフィーリングや 情報、そして新しいデータが取得できるというチーム的にもメリットもあるんだ。
けれど、今日は予想以上にタイヤのグリップが全然なくて、全く戦える状態とは言えなかったです。
結果的にポイントなしの12位フィニッシュ。
良かったことを挙げるとすればただ1つ・・・タイヤテストの為のデータをたくさん取れたことくらいかな。
今日は最終戦だったこともあり、多くのファンがもてぎに応援しに来てくれた。
ファンのみなさん、たくさんの応援どうもありがとうございました。
もっと強いパフォーマンスともっと良いドライビングをみなさんに見せれるように、来シーズン必ずもっと強くなってきます!
1年間ありがとうございました。また来年会いましょう!

Copyright © 2007-2014 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.