株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2009 AUTOBACS SUPER GT
2009 AUTOBACS SUPER GT Round6 38th INTERNATIONAL Pokka GT SUMMER SPECIAL
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km

2009/08/22(土)
Qualifying Weather : Fine | Course : Dry

The qualify system format was changed for this race and it wasn’t the usual Super lap session format we’d had so far this season.
According to this knock down system regulation, the second drivers also had the chance to attack, considering the driver who drives in QF2 can’t attack in the QF3.
Therefore, the team strategy was playing an important role and I’m sure ours worked successful; In fact, my teammate Yasuda-kun attacked in QF1 and he could improve his confidence with the car for QF2 that should be very important point, considering that just 8cars winning QF2 to QF3.
At the end, he did great job in QF2 and thanks to it, I could show my good performance in QF3.
Honestly, I was really confident for another great qualifying result, considering the good feeling I had from the car and tires during the morning free practice session.
Everything went very well and we had 2nd grid; it was quite good result.
For the Sunday race, I will try hard together with all the team staffs, my teammate and the big supports from our fans.

今回の鈴鹿レースでは予選方式が変更になり、今まで行なってきたスーパーラップではないことが注目ポイントだった予選日。
QF2を走ったドライバーはQF3を走れないという条件がある今回のノックダウン方式により、通常はアタックしないセカンドドライバーもアタックする。
だからチームの作戦は重要なポイント!そして僕らの作戦は成功しました。チームメイトの安田くんはQF1を無事に走り終え、QF2の突破への自信がついたようだった。
QF3に進出できるのはたった8台ということを考えると、予選の中でもQF2が“重大なカギ”だったから、安田くんの仕事は素晴らしかったです。
QF2での彼の頑張りのおかげで、QF3で走れることになった僕はいいパフォーマンスを見せることができました。
実のところ、朝のフリー走行での僕が感じていた車・タイヤの状態から、前2戦の予選のような結果が出せる自信があったんだ。
全て順調に進み、結果は予選2番手。十分いい結果だと思う。
決勝にむけて、全チームスタッフ・チームメイト・そしてファンからの大きな応援と共に力を合わせて頑張ります!
2009/08/23(日)
Race Weather : Cloudy/Fine | Course : Dry
Distance 121 Laps / 702.647 km

When I arrived on the grid before the start, a few bad thoughts were bothering my mind; it started raining a little bit!!
I was lamenting inside of me, “Why? Why? I can’t believe it! The weather forecast didn’t say anything about rain!”
Fortunately, the rain started stopping soon and it didn’t give me any problems. “Yes! The ghost of last Sugo race disappeared in front of me.”
The first stint of me was very good, quite constant pace and still chance to fight for the top, considering I was getting quicker and quicker every lap comparing with the leading car in front on me.
After the second good stint of my teammate, the third stint of me was also going well and I was pushing very hard to catch up with the car in 2nd position ahead of me.
When I saw No.8 car changing a direction suddenly, just before I was about to overtake him, I thought “He must be in a trouble and I fortunately could avoid him without any collisions” and I rose to 2nd position back.
On next lap after this happening, I was shocked when I heard from our team director Mr. Hasemi the safety car was coming into the track caused by that car was on fire.
At that time, I was very angry because I thought all our strategy could be wasted, but at the same time I reconsidered, “We also have a chance to catch up with the leading car by that accident.”
After we stopped on the grid and restarted a formation lap behind the safety car, I saw No.35 car in front of me pitted-in and it made me nervous because I felt we might lose the race because of the pit-in timing strategy.We fortunately could do our pit-stop on next lap and my teammate was back with 3rd position for the final stint.
It made me relieved and took away all tensions from me I had since the safety car was on the track.
We finally finished the race for about 4hours and half with 2nd place and got the very important points for our championship ranking.
Yes, it was a very exiting race and I’m so happy everything went well for us.

スタート前のグリッドについた僕は、ある不安と戦っていた・・・雨が少し降り始めてきたからだ!!
心の中で「なぜ?なぜ?天気予報では雨のことなんか何も言ってなかったのに〜」と心の中で嘆いていました。けれど徐々に雨はやみ始めて、僕の不安は消えていった。「よし!前回の菅生レースの幽霊は消えたぞ!」
僕が担当した第1スティントは順調で、いいペースを刻み、前を走るトップの車と比べて少し速いペースで走っていた僕は、まだまだトップ争いできる状態だと思っていた。
チームメイトに交代した第2スティントも順調、僕に交代した第3スティントもトラブルなく進み、前方にいる2番手の車に追いつくために僕はプッシュし続けていたんだ。
前を走る8号車を1コーナーでオーバーテイクしようとしたその時、8号車は突然違う方向へ向かっていったので、「きっと何かトラブルを抱えているんだろうけど、接触などのアクシデントがなくてよかった」と思いながら、僕は2番手にカムバック。
その次の周に「8号車が炎上しているからセーフティーカーが入る」と長谷見監督からの無線が入り、僕はすごく驚いたんだ。「今までの作戦が”無”になってしまう!」と僕はイライラしていた一方で、「このアクシデントによってトップに追いつきバトルができる」と思ったんだ。
一旦グリッドで停止し、セーフティーカーの後ろで走っていたら、35号車が目の前で一足先にピットインをしたことで、このピットインのタイミングのせいでレースを落としてしまうかもしれない、と僕は少し焦り始めた。次の周で僕もピットインして、安田くんはどうにか3位で戻ることができた。
シケインでの36号車をオーバーテイクした彼のパフォーマンスに驚いたし、すごい興奮しちゃいました。このことで僕は安心できたし、セーフティーカーが入ってから続いていた緊張から解放されました。
約4時間30分続いたレースは終わり、2位でフィニッシュ!チャンピオンシップポイントの順位を考えても、とても大事なポイントです。
とても楽しいレースだったし、全て順調に進んで本当によかったです!

Copyright © 2007-2014 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.